読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豆のまるやまの“まめなハナシ”

豆のまるやまによる豆料理のレシピブログです。

子供の日、かしわ餅レシピ❗️

 

f:id:mame-maru:20150502110740j:plain

子供の日に手づくりのかしわ餅を作ってみてはいかが?

材料1(あん作り)

小豆(乾燥豆)・・・250g(A)

砂糖(ザラメ)・・・250g(A)

塩・・・・・・少々(B)

水・・・・・・200g(B)

材料2(かしわ餅作り)8個分

上新粉・・・・200g

片栗粉・・・・大さじ2

砂糖・・・・・大さじ2

水・・・・・・260g

かしわの葉(東急ハンズで売ってました)・・・8枚

作り方

①Aの小豆を洗って一晩水に浸しておきます。翌日、鍋に入れ中火~強火で煮始めます。沸騰したらアクを取りながら幾度か差し水をします。煮汁から豆が出ないように水を追加しながら完全に柔らかくなるまで煮ます。

②こし器(細かい目のザル)の下にボウルを置き、ゆであがった小豆をこし器に入れてこします。下のボウルに小豆の身の部分と水が一緒になってたまります。

全部こし終えたら、5分程放置します。上澄みを捨て、また新たに水を入れ、また5分程待ちます。上澄みを捨て、もう一度水を入れてさらに10分放置します。

③水と混じりあった小豆の液をガーゼに少しずつ注ぎます。中の水を押し出すように絞ります。

④先程の③のこしたあん(450g程ありました)にBの砂糖250g、水200cc、塩少々を入れて強火で混ぜます。すくって落ちないぐらいの硬さまで水が蒸発したらあんは出来上がりです。

⑤いよいよかしわ餅作りです。あんは20g程度で8個分丸めております。残りはジッパー付きのビニール袋などに入れ冷凍庫で保存すれば長く持ちますよ。また、かしわの葉は水で洗った後、ふきんで水けを取っておきます。

上新粉・片栗粉・砂糖・水を耐熱容器にすべて入れてよくかき混ぜます。すりこ木は水につけておきます。

⑦溶かし終わったらラップをかけ、レンジ500ワットで4分30秒加熱します。

⑧過熱が終わったらラップをはずし、ヘラで力一杯こね、濡れふきんの上に生地を出し、再度よくこねます。

⑨耐熱ボウルに生地をもどし、再度ラップをかけて500ワットで3分30秒加熱します。

⑩ボウルの中ですりこ木棒を使って思い切り突いていきます。時々、すりこ木を水で濡らしながら突いていき、つやっぽく滑らかになったらOKです。(これは結構、腕が疲れますが、しっかりついておいて下さいね。)

生地を8等分して楕円形に伸ばしてあんを包み、かしわの葉で包み完成です。

f:id:mame-maru:20150502110829j:plain

f:id:mame-maru:20150502110856j:plain

今回、使った小豆はこちら

http://mame-maru.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=1700368&csid=0 

 

 

 

 

食育に、大豆でお豆腐作り❗️

f:id:mame-maru:20170405151956j:plain

大豆でお豆腐を作ってみました。

形は良くはないのですが味はまずまずで、硬さも良かったです。

うちの子が指で豆腐に触れてみて「硬くなっている」と言ってました。

お豆腐が大豆でできているなんて子供にはピンときませんよね。

食育にもなると思います。

作ってみてはいかが?

材料

大豆(乾燥豆)   150g

大豆を戻す水   450cc(大豆の3倍の水)

水    1リットル

にがり液(にがり6.25+白湯25ml)

作り方

①前日から大豆を3倍の水(450cc)の水に浸しておく。

②翌日、水500ccを加えてミキサーにかける。ミキサーの中が一杯になるので分けて入れ、十分にミキサーをかける。

③鍋に入れて水500ccを加えます。

④火にかけ、沸騰したら火を止めます。

⑤しばらく冷ませてから、ボールで受けながら布袋に入れて絞ります。絞ったしぼり汁が豆腐の原料の豆乳で、袋に残ったものがおからです。おからは160g位できました。これは冷めたら冷凍保存して次回何かに使います。

⑥豆乳を鍋に入れて、70度まで温めます。この時よく混ぜてください。

⑦にがり液(にがり6.25ml+白湯25ml)を入れ、2~3回ゆっくりと混ぜます。

⑧5分位冷まして、最初にプラスチックケースの上と下に穴を開けておき、布を敷いた上に入れます。

⑨小さ目のふたをして(私はプラスチックケースのふたを事前に切って小さくしていました)豆腐に重しを載せます。

時々、プラスチックケースを上に上げて、水を出してください。10分位で出来上がります。

f:id:mame-maru:20170405152147j:plain

f:id:mame-maru:20170405152237j:plain

今回、使った大豆はこちら

http://mame-maru.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=1699784&csid=0

 

 

 

 

 

 

お彼岸。硬くならない、おはぎレシピ❗️

f:id:mame-maru:20170319140506j:image

3月20はお彼岸です。

硬くなりにくいおはぎを作ってみては?

材料1(あん作り)

小豆(乾燥豆) 250g

砂糖(ザラメ) 230g~250g・・・A

塩    少々・・・・・A

材料2(餅作り7~8個分)

もち米  1合

小麦粉  10g・・・・・B

砂糖  10g・・・・・B

塩  1g・・・・B

作り方

①小豆は洗って一晩、水に浸しておきます。翌日、鍋に入れ中火~強火で煮始めます。沸騰したらアクを取りながら幾度か差し水をします。常に煮汁から豆が出ないように水を追加しながら完全に柔らかくなるまで煮ます。

②煮あがったら、Aの砂糖を半分入れて甘みを確かめながら砂糖をさらに足して、Aの塩を加えます。

③混ぜながらあんこの固さにしていきます。水が少なくなり、ヘラですくってぽってりとまとまって落ちるぐらいになりますと、あんの出来上がりです。

今回はこのあんの一部を使います。残りは、ジッパー付きの袋かタッパーに入れて冷凍保存します。冷凍しても食感や風味とかは変わりませんよ。

④次に餅作りですが、もち米を研ぎ、Bの小麦粉・砂糖・塩を加え炊飯器1合の目盛りに合わせてモチモチの設定(それがない場合は普通に)で炊きます。炊き上がったら、米粒がある程度つぶれ餅っぽくなるまですりこ木でこずきます。

⑤さらに、なめらかなお餅になるまでつきあげます。

⑥餅がつきあがったら、餅を丸めてから手のひらでのばし、そこに50g程のあんを入れて包み込みます。また、黄な粉の場合は黄な粉40gと砂糖50~60gを混ぜておき、餅に20g程のあんを包み込んでから砂糖入り黄な粉をまぶして出来上がりです。ぜひ、作ってみて下さい。

f:id:mame-maru:20170319140637j:imagef:id:mame-maru:20170319140701j:image

今回使った小豆はこちら

http://mame-maru.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=1700368&csid=0

 

白玉ぜんざいレシピ❗️

f:id:mame-maru:20170224125140j:image

白玉ぜんざい❗️思いのほか簡単ですよ。

作ってみてはいかが?

材料(約8人分)

小豆(乾燥豆)・・・ 250g

砂糖・・・・約270g

塩・・・・少々

水・・・1200cc~1400cc

白玉粉    130g・・・A

水    150cc・・・A

餅粉・・・適量

作り方

①鍋に250gの小豆と水を入れ一晩浸しておく。

②翌日、水を替えて再び水1200cc~1400ccを入れ30分~40分火にかける。豆が柔らかくなったらOK。

③それから砂糖を250g程、塩を少々入れてとろ火で炊きます。

④Aの白玉粉はボールに入れAの150ccの水を少しずつ入れながら耳たぶぐらいの柔らかさにし、お団子みたいに丸めます。丸めにくいと思いますので、餅粉を手につけておいてください。

⑤沸騰させたお湯の中に丸めた白玉粉を入れて、白玉がぽかぽか浮いてきたら炊き上がったぜんざいの中で味がしゅめば出来上がり。

f:id:mame-maru:20170224125015j:imagef:id:mame-maru:20170224125047j:image

今回、使った小豆はこちら

http://mame-maru.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=1700368&csid=0

 

節分に炒り大豆を作ってみては?

2月3日は節分ですね。炒り大豆を作ってみました。

f:id:mame-maru:20170125164116j:image

材料(二人分)

乾燥大豆 50g

クッキングペーパー 数枚

①大豆を水洗いして、一晩水に浸します。翌日、ザルに上げて水気を切り、更にクッキングペーパーに広げて1時間以上水気を切ります。

②強火でフライパンを熱し、①の大豆を入れます。強火の遠火で5分~10分位フライパンでなるべく焦げないように炒ります。

③表面の皮が乾いてきて弾けてきたら火から降ろしペーパーフィルターで包みます。

④包んだペーパーフィルターのまま電子レンジに入れ、10分程チンします。

⑤レンジから取り出し、完全に冷めるまで放置します。

⑥完全に冷めたら出来上がり。

f:id:mame-maru:20170125164246j:imagef:id:mame-maru:20170125164329j:image

 今回使った大豆はこちら

http://mame-maru.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=1699784&csid=0